食器買取の場合、ブランドの食器の方が高価買取してもらえますが、ノンブランドの食器でも実用性があるため買取してもらう事が可能です。また箱がなくても、セットの商品で数が揃っていなくても買取してもらう事が可能ですが、買取出来ない商品も存在しています。ではどのような商品が買取出来ないのか紹介します。

買取出来ない食器について

食器買取の基準は、買取専門店によって買取基準が異なります。
そのため今から紹介する買取出来ない基準は、あくまでもある買取専門店の基準に過ぎません。
ですが、目安になると思うので紹介していきます。

食器の定価が1万円以下の商品。
これに関しては、1万円未満の商品でも買取してくれるお店も存在しています。
しかしさすがに100円均一やニトリなどの数百円単位の食器は買取出来ないケースが多いでしょう。

なぜなら普段使いの安い食器に関しては、中古を買うよりも新品を買いたいと思う人が多く需要がないためです。
そのため買取可能だとしてもブランド品以外は、ほぼ値段がつかないと思っておいた方が無難です。

そして食器とは骨董品として愛でるモノではありません。
料理を盛り付けて食べるためのモノです。
そのため食器は未使用が理想ですが、使用済みであったとしても綺麗な状態である事が原則となります。

なので縁が欠けてしまっていたり、ひび割れがあるもの、洗っても落ちない汚れやシミがあるモノは商品価値がないため買取する事はデキません。
またブランドの刻印が擦り切れて確認出来ない場合は、ブランドの相場価格では買取されずノンブランドという扱いになります。

逆に記念品で企業名や個人名が刻印されている食器に関しては、ブランドモノでも商品価値が落ちてしまうため、買取出来ません。

未使用でも買取出来ないケースもある

食器の場合、未使用でも買取出来ないケースがあります。
それは保管状態が悪く、長期間経過してしまっている商品です。
例えばギフトでもらって、箱に入ったまま長期間放置されていた場合、箱が変色していたり、箱が湿気で変形している場合があります。

そうなると、箱が汚れているという場合、箱の中身もカビや虫が発生している可能性が高くなります。
そのため、買取出来ません。

逆に使用済みの食器でも、高級ブランドの食器は需要が高く使用済みでも欲しいという人が多いため買取してもらえます。

関連する記事