断捨離が流行っていますから、使っていない食器は売ってしまおう。
そんなふうに考えている人も少なくないでしょう。
では食器を売る場合、3種類の方法がありますが、それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。

食器の店舗買取について

食器の店舗買取は、自分の手で持っていくから確実で安心。
そんなふうに思っている人も多いかもしれません。
しかし実は1番買取金額が低くなる可能性が高いと知っていますか?

わざわざ自分で店舗まで売りに行って手間をかけたのになぜと不思議に思う人もいるでしょう。
ですが食器とは割れやすく、しかも重たいという特徴があります。
もし店舗買取で査定額が低かった場合に、別の店舗まで持って行こうと思いますか?
食器を持って歩くのなんて大変だし、もうこれ以上移動するのは無理だから安くても買取してもらいたい。

そんな心理になるはずです。
買取店舗の方はそんな心理を心得ているため、安く査定をつける傾向があります。
その場で現金を受け取る事が出来るというメリットはありますが、店舗買取は労力がかかって大変なのに査定額は低いと報われないので、食器買取の時は特におススメ出来ません。

食器買取の宅配買取について

宅配買取の場合、買取専門店によって食器の買取は行っていないケースがあるため注意が必要です。
また配送中に万が一割れてしまった場合に、保険はどうなっているのか必ず確認しておきましょう。

あと宅配買取を行い場合には、梱包にも注意が必要です。
食器用の宅配キットでクッション材や割れにくく送れる段ボールなど、割れない対応をしているお店を選んで下さい。
つまり宅配買取の場合は、お店選びが最も重要だと言えるでしょう。

食器買取の出張買取について

売りたい食器の量が多いのであれば、店舗買取で持っていくのは大変ですし、何口にも分けて宅配で送るのも大変です。そのため食器の量が多い場合は、出張買取をしてもらう事をオススメします。

出張買取が1番食器が割れるリスクがなくて、安心だと言えます。
ただし出張買取は○○枚以上という具合に、それなりに量が多くなければ対応してくれません。

関連する記事